気持ちを届ける

片思いの花言葉

切ない片思いをしている人に、花に気持ちを込めて相手にプレゼントするなど、とてもできないと言う人も多いでしょう。でも、片思いに関する花言葉があることくらいは覚えておいても損はないのでは?少しだけ紹介していきましょう。花に気持ちを込めて片思いの相手に告白やプレゼントしてみるのもいいのではないでしょうか。

オシロイバナ

オシロイバナ
花言葉 : あなたを想う
オシロイバナは小さな花が美しく、栽培されている他に、広く野生化している花でもあります。夕方に咲き、花の色は赤や黄色、白、絞り模様でとてもよい芳香があります。こうしたことから、別名を夕化粧と呼ばれています。花が咲き終わると実がつきますが、皮をとると中には粉っぽい実があり、昔は子供達が白粉のように顔に塗って遊びました。

トリトマ

花言葉 : 恋する胸の痛み
長い茎の上に、漏斗状の花を穂状に咲かせます。多く出回っているのが、花の上部が紅色になっていて、下部が黄色のグラデーションがかかったものです。花の色は黄色、橙、ピンク、赤、白などがあります。日当たりが悪いと花つきが悪いという特徴があります。

ペンステモン

ペンステモン
花言葉 : あなたに見とれる
ペンステモンは、イワブクロやタルマイソウとも呼ばれます。春に総状や円錐状の花序を作り、筒状になった花を咲かせます。花の色はとても鮮やかで、紅、白、ピンク、紫などがあります。

リナリア

花言葉 : 私の恋を知ってください・幻想
リナリアの和名は『姫金魚草』と言います。金魚草に似た、小さな花を山盛りに咲かせます。赤、ピンク、白、黄色などの色があり、固まって花をつけるので、とてもきれいです。庭木や鉢植えで楽しまれていてベランダでも育てやすく、とても可愛い花なので、若い世代にも人気がある花です。1度花が終わったら、切り戻しを行うことで、すぐに横から花茎が伸びてきて、次の花が咲きます。一般的に見かけるものは、『リナリア・マロッカナ』という品種になります。

スノードロップ

スノードロップ
花言葉 : 恋の最初のまなざし・希望
スノードロップは、別名マツユキソウと言い、春を告げる花として知られています。雪が雫になったような白い花をつけ、3枚の長い外花被と、短い内花被からなり、下を向いて咲く花になります。カトリックの教会では、2月2日の聖燭祭では、スノードロップを捧げる習わしがあります。露地植えや鉢植え、ロックガーデンなどで楽しまれています。

待宵草

待宵草
花言葉 : ほのかな恋・静かな恋
待宵草は夕方を待つように咲き始めるのでこの名前がつきました。月見草と間違われやすいのですが、待宵草は黄色い花を咲かせ、月見草は白い花を咲かせ、別のものになります。朝になると花がしぼみ、黄赤色になります。海辺、平野、高山、砂漠、河原、荒地、痩せ地など、どこにでも生息できますが、他の植物が生長してくると、その姿を消してしまいます。

女郎花

女郎花
花言葉 : はかない恋・心づくし
女郎花は『おみなえし』と読みます。秋の七草でもあり、日当たりの良い草地に生えます。小さな黄色い花を集合させて咲きます。かつては手入れの行き届いた池の土手などに多く生息していましたが、現在ではその数を減らしています。万葉の昔から愛されてきた花で、切花などで楽しまれています。地方によっては盆花として扱われていて、仏前に切花を供える風習があります。

銀木犀

銀木犀
花言葉 : 初恋
木犀は黄色が金木犀、白を銀木犀と呼び、木犀と言ったら普通、銀木犀のことを言います。秋の中旬に、とてもひかえめなのに、香りの高い、星のような白い花を数多く咲かせます。雌雄異株ですが、日本には雄株しかないと言われています。咲いた花は、ブランデーなどに浮かべ、香りを楽しみます。ただし、香りは芳香剤でも御馴染みの、金木犀の方が良い芳香がします。
ページの先頭へ戻る
Yahoo!ブックマーク   Google Bookmarks   はてなブックマーク   niftyクリップ   livedoorクリップ   del.icio.us
copyright (c) 2013 心を込めて 花言葉 All Rights Reserved.