花言葉集

花言葉の誕生

花言葉は、花や草に当てはめた言葉のことです。花や草の色や香りから受ける印象などを言葉に置き換えて、相手に花を贈ることで、手紙などで言葉を添えなくても、自分の気持ちや感情を伝えることの出来る手段として使われています。

花言葉の歴史

チューリップ

花言葉はギリシャ・ローマの神話時代に由来しています。19世紀のイギリス、ヴィクトリア時代に流行しましたが、その始まりは17世紀のオスマン帝国にまで遡ります。首都イスタンブルではチューリップをはじめ、様々な花が愛好されていて、花言葉がつけられるようになりました。神からのメッセージを宿していると考えられていた草花に、それぞれふさわしい言葉をあてはめたのです。

花言葉を世界に広めた人

花を愛するイスタンブルの人々によってつけられた花言葉ですが、2人の人物によってヨーロッパに広まっていきます。 1人は当時のイギリスのコンスタンティノーブル駐在大使夫人のメアリー・W・モンタギューという人物によって、1717年にイギリスに花言葉が伝えられました。もう1人はオーブリー・ド・ラ・モトレイという人物で、ヨーロッパからアジアやアフリカを旅行していて、オスマン帝国には4年間滞在していた人物です。

カール12世1727年にスウェーデン王カール12世の宮廷に招かれたときに、花言葉を紹介しました。 花言葉は、外国の洒落た風習として宮廷や社交界で使われ始め、1819年12月、『Le Langage des Fleurs』というシャルロット・ド・ラトゥールが著作した花の言葉の本によって、1850年にかけてフランスで花言葉が大流行し、イギリスでは1820〜1880年のヴィクトリア王朝時代、アメリカでは1830〜1850年代に流行り、ドイツやベルギーなどのヨーロッパ諸国、南アメリカへ広まり、徐々に世界に広まって、花言葉が広く知られるようになりました。

当時の花言葉

当時の花言葉は、それぞれがとても細やかな心情を表していました。残念ながらそれらが現在に正確に伝えられておらず、数多くの花が持つ特別な意味は忘れ去られてしまいました。赤い薔薇は情熱的で甘くうっとりとした愛情、ピンクの薔薇は病気回復、白薔薇は純潔や美徳、黄色い薔薇は献身や友愛を示すように、その花の姿が物語る印象と結びついて残っている花言葉もあります。

国によって違う花言葉

花言葉は、世界共通ではなく、それぞれの国ごとに違った花言葉があります。花言葉はそこに住む人々の伝えられてきた歴史や習わしなどから生まれているので、同じ草花でも違う意味を持つ花言葉になるのです。ですから、1つの花にいくつもの花言葉が存在することになります。

もしも外国の人に花言葉の意味を込めて花を贈る場合、自分が思っている花言葉と、相手の国での花言葉が違う可能性もあるので、花言葉で思いを伝えることができないという可能性もあるのです。

日本では、外国から数多くの花が入ってきており、その分数多くの花言葉が存在します。イメージの悪い言葉を避け、親しみやすい新しい花言葉を選ばれており、もっと花を愛好してほしいと財団法人日本花普及センターが普及に務めています。

野菜や果物にも

草花に花言葉があるということは誰でも知っていますが、野菜や果物にも花言葉があります。野菜言葉?果物言葉?なんだかおかしな感覚ですが、花言葉を見ると、その野菜や果物のイメージがピッタリ来るのがわかります。

例えば『大根・潔白』『ごぼう・人格者』『ほうれん草・健康』『りんご・誘惑』『苺・幸福な家庭』『オレンジ・純粋、愛らしさ』などです。なんとなく、見た目のイメージに合っていると思いませんか?

ページの先頭へ戻る
Yahoo!ブックマーク   Google Bookmarks   はてなブックマーク   niftyクリップ   livedoorクリップ   del.icio.us
copyright (c) 2013 心を込めて 花言葉 All Rights Reserved.