花を贈る

花の配達

お花の配達を利用したことがありますか?遠く離れている場合、どうしても時間が作れなくて、自分でお花を買いに行くことができない場合、お花を買いに行く時間はあっても、相手に届ける時間の都合が合わない場合など、フラワーギフトとして、お花屋さんに注文をすると、指定した先まで届けてくれると言うサービスがあります。無料でメッセージも添えてもらえますので、とても便利です。お花を贈った相手からお礼の連絡が入ると、きっと自分まで嬉しくなってしまうことでしょう。

配達でサプライズ

友人や知人、遠く離れて暮らす家族に向けて、誕生日や結婚記念日、母の日、父の日などに、花言葉を添えたメッセージをつけて、お花を配達してもらいましょう。突然お花が配達されると誰もが驚きますが、その喜びもひとしおになります。お見舞いに花を贈る場合、花束にするよりも、アレンジメントの籠入りの方が水替えなどの手間がいりませんので喜ばれます。

注文方法

お花の配達では『花キューピット』が有名ですが、全国に加盟店が約5,000店あります。花キューピットのシステムは、自分の近くにある加盟店に注文をすると、受け取る相手の近くの加盟店が商品に責任をもって作り、お花を届けてくれるシステムになっています。 電話やパソコンで注文をし、細かく内容を伝えます。指定されたお届け日に合わせ、受け取る人の近くの加盟店がお花を作り、お届けするという形になります。

ギフトイメージ支払い方法は、基本はクレジットカードですが、花の種類によっては銀行振り込みなどもできますので、注文する際に問い合わせてみましょう。直接加盟店に出向いて注文する場合は、その場で支払う形になります。花キューピットは海外にもお花を贈ることができますので、遠く離れている友人や家族にもお花を届けることが出来ます。

メッセージを添える場合は、様々なデザインのカードが用意されていますので、花言葉を添えてプレゼントしてみましょう。 花キューピットの他にもフラワーネット加盟店がありますので、自分の利用目的とマッチしているサービス店を探して利用してみるのもいいでしょう。支払い方法もそれぞれ異なりますので、注文する際や注文する前に調べておきましょう。

配達のデメリット

フラワーアレンジメントサプライズでお花を届けてもらう場合、デメリットとして、受け取る相手が留守である場合があります。確実に在宅している時間を把握して、配達時間を指定しなければいけません。仮に、受け取る相手が出張などで数日間自宅にいない場合、せっかくのお花が、お祝いしたい当日に届けられないばかりか、しおれてしまう可能性があります。

確実なのは、サプライズでお花を届けるのではなく、受け取る相手に連絡を入れて、自宅にいてもらうのが一番なのですが、やはり、突然お花が届いて、驚く姿を想像してみたいものです。 もう1つのデメリットとして、実際に花を見て購入するわけではないので、イメージと違ってしまう可能性があるということです。花を注文するときに、ちゃんと、どんなイメージにしてほしいのか、明確にフラワーショップに伝えなければいけません。

手渡しにする?

ギフトボックス気心の知れた相手で、突然訪問しても迷惑にならないようであれば、自分の目で見て花を選び、自分でお花を届けてみませんか?
あくまでもお花の配達なので、お邪魔することはせずに、お花の受領書として、花言葉を添えたメッセージカードなどを渡して、すぐに失礼するのもおしゃれな渡し方です。


手渡しだと相手の表情を見ることができますし、確実に本人の手に渡ったのかどうかが、自分の目で確認できます。

ページの先頭へ戻る
Yahoo!ブックマーク   Google Bookmarks   はてなブックマーク   niftyクリップ   livedoorクリップ   del.icio.us
copyright (c) 2013 心を込めて 花言葉 All Rights Reserved.